​「広島 愛の川」の詩について

はだしのゲンの作者、中沢啓治さんは、

晩年、一つの詩を書き遺しました。

 

 

入院中、病院近くの平和記念公園を散歩しながら、じっと川を眺めていたそうです。

 

「はだしのゲン」では、

地獄の様な場面で描かれていた広島の川。

 

見るのも辛かったことかと思います。

 

 

でも、この詩で、中沢さんはその川を

「愛の川」と表現しています。

 

 

「怒り」「悲しみ」を背負うのは、

もう自分たちの時代だけで十分だ。

次の世代には、「優しさ」を残してあげたい。

 

最後まで、平和を願った

中沢さんの思いが伝わってきます。

この遺された思いを

また、次の世代へと繋いで行けるように

消えてしまわないように

毎年8月6日、みんなで歌い続け、

思いを繋いでいきたいと思います。